北欧インテリアのイイトコロ

世代や性別を問わず人気を集めている北欧インテリアは、

どういった点にイイトコロがあるのでしょうか。

 

まず北欧インテリアでポイントとなるのは室内の色使いで、

白を基調としていることから清潔感があるのですが、

白一色にはせずに控えめながらも鮮やかな色を配置していますので、

ごてごてした印象はなく目に優しいということが挙げられます。

 

また白色は時に冷たい印象にもなりかねないのですが、

北欧風の温かみのある照明を取り付けることで印象が変わり、

特に電球色が多用されることからホッとするような安らぎも感じられあたりもイイトコロと言えます。

 

続いて北欧風の家具に目を向けてみると、

アルネ・ヤコブセン、ヴェルナー・パントン、アルヴァ・アアルトなどの

有名デザイナーも数多くいるのですが、

作品の多くは機能性が非常に高いことに加えてナチュラルさと大胆さが

絶妙に入り混じったデザインとして評価が高く、

そうした家具を配置することで洗練されつつも落ち着きがある室内空間へと印象を変えてくれるのです。

 

特にナチュラルさという部分では日本人の感覚と非常にマッチするところがあり、

木を多用していることから室内の様々な箇所で木肌を目にすることになり、

安らぎが得やすいという点も北欧風ならではのイイトコロといえます。

 

このように見た目が良く落ち着きがあるというのはもちろんのこと、

生活する上で機能性が非常に高いと言うのが北欧インテリアの特徴でありイイトコロと言えるのです。

トラックバック

北欧インテリアのイイトコロに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする