北欧インテリアの特徴

北欧インテリアを取り入れてみたいという方は非常に多くいるのですが、

そもそもこのインテリアスタイルにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

まず北欧インテリアの部屋全体を見渡したときの印象としては

白色を多用しているという点が挙げられ、所々に木目が入り落ち着いた雰囲気があるのに加え、

目に鮮やかな赤や青などの挿し色もポイントとして入っています。

 

個々の家具に目を向けてみると、周囲を囲む壁紙の白と同様に白色の家具が多くあり、

また塗装が施されていないウッド調のテーブルや椅子などの家具が多くあります。

 

白木の曲げ木を用いた家具というのは北欧の代表的なデザインであり、

また室内を照らす照明もシンプルながらもデザイン性に飛んだライトがよく使われています。

 

また家具以外に目を転じてみるとカーテンやウォールアート風の

ファブリックなどを置くことでカラフルな色合いを挿し色として入れており、

アンティーク風の小物を配置したり観葉植物で緑を足すこともまた

北欧インテリアのコーディネイトの特徴であるといえます。

 

特にカーテンやファブリックなどは一面をキャンパスにしたような

幾何学模様や自然の植物をデザイン化した絵柄などが書かれており、

これが一つ入るだけでも部屋に北欧インテリアの風が入り込んでくるのです。

 

さらに食器やカトラリーなども、機能的でデザイン性に優れているという

北欧ならではの特徴ある雰囲気を持っていますので、

部屋をコーディネートする中ではこうした細かい要素もまた重要になってくるのです。

トラックバック

北欧インテリアの特徴に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする