北欧インテリア実例

自宅に北欧インテリアを取り入れる際には、

どのような所をポイントにして部屋を変えていけばよいのでしょうか。

 

最近では北欧風のインテリアは人気を集めていることから、

その雰囲気はなんとなく想像できるという方も多いのですが、

実際に部屋に当てはめるとなると難しい面もあるので実例を見ることからはじめましょう。

 

書店ではインテリア関係の雑誌が多く販売されており、

その中には北欧風のアレンジを特集する本も多くありますので、

家具の種類やコーディネートの仕方などをしっかりと学んでおきます。

 

家具を一気に入れ替え購入するという方の場合は、

IKEAの店内で紹介されている生活スタイルごとに異なる実例を見つつ、

展示されているとおり購入するというのもひとつの手だといえます。

 

ただ家具の総入れ替えは何かと手が掛かるものですから、

徐々にという方のほうが多いかと思いますが、

その場合に北欧インテリアにするにはどのようなところから変えていくと良いのでしょうか。

 

まずポイントとなるのはカーテンやファブリックパネルなどの面積が大きい物から揃えるという点で、

やはり目立つものですから部屋の印象を大きく変えることができますので、

特に北欧インテリアで多い大きな花柄をあしらったカラフルな物を配置するということが実例といて挙げられます。

 

またソファーの場合は、自宅にすでにあるソファーに白地の布をかけて、

そこに置くクッションも北欧風のカラフルなカバーを付けると良いでしょう。

 

さらに壁に直接板を取り付ける収納棚も非常に雰囲気があり、

その上に日用品とともに北欧風の雑貨を配置するという実例も多く見受けられます。

トラックバック

北欧インテリア実例に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする