一人暮らし向き北欧インテリア

北欧インテリアは一般ファミリーから単身世帯の方まで

幅広く人気を集めているのですが、

雑誌等を見てみるとやはり広さのあるリビングの風景がよく掲載されているのですが、

一人暮らしに向きのコーディネートはあるのでしょうか。

 

実はこの手の雑誌をよく見てみると、

ファミリー向けと一人暮らし向きのコーディネートに関しては別に紹介されていますので、

比較的に狭い部屋にお住まいの方でもそのスタイルをしっかり取り入れることができるのです。

 

ただ欧米のインテリアを日本で取り入れるとなるとまず厄介になるのはサイズの問題で、

特にベッドの位置をどこにするかはカタログの寸法と比較しながら考えていくことになります。

 

そう考えたときに6畳2間の家よりは12畳ワンルームの方が開放感がある上に、

間仕切りがないことからより物を置くことができますので、

あえてワンルームを選んでおくという選択肢もあるのです。

 

ただ意識して北欧風という雰囲気を出そうとする場合には

一つでも多くの北欧家具を配置しなければならないようにも思えるのですが、

この点は家具以外の小物使いでいくらでも雰囲気を演出することができますので、

ごちゃごちゃした印象にはならないよう最低限必要なもののみ配置しましょう。

 

具体的にどのような北欧インテリアを選んだら良いかは個々の好みになりますが、

同じ形状ならできるだけ小さいほうの家具を選ぶと良いと言えます。

 

またこれまで芸術関係に縁がなかったという方もファブリックパネルなどを取り入れ、

空間の間を余さず用いて北欧インテリアに仕上げていきましょう。

トラックバック

一人暮らし向き北欧インテリアに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする