北欧インテリアのソファ

北欧インテリアのソファにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

まず一般的な製品の場合は台座や足となる部分がしっかりと

塗装されていることもあるのですが、

北欧風の場合は木の色合いをそのままにしている場合がほとんどで、

アームの部分なども白木の曲げ木を用いた製品をよく見かけます。

 

ソファ全体の形としてはやや丸みを帯びておりかっちりした印象はなく、

また機能性が高いことから座り心地や使い勝手なども計算されつくしていると言えます。

 

また一口に北欧インテリアのソファといってもテイストが異なる場合もあり、

たとえばミッドセンチュリーのようなレトロな印象で革張りの製品もあれば、

今風の見た目からして柔らかそうなモコモコの製品もありますので、

そのあたりは好みで選択することができます。

 

色合いに関しては様々あるのですが、北欧風ということであればやはり白色がおすすめで、

白木+白い布地という組み合わせはまさに代表的な色合いであると言えます。

 

また季節によっては緑色の葉やカラフルな花柄を大きめにあしらった

カバーをかけても良いですし、鮮やかなデザインのクッションを置いておくとより見栄えがします。

 

ややポップで派手な色合いのカバーでも同系の挿し色のインテリアを

周囲に配置すればそう大きく目立つこともありませんし、

またその間逆となるオーソドックスな白色のナチュラルカラーの

どちらでも映えるのが北欧インテリアのソファの特徴であると言えます。

トラックバック

北欧インテリアのソファに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする