北欧風インテリアにするコツ

北欧インテリアは日本によくあるユニバーサルなスタイルとは異なり、

洗練されていると共に安定感を感じることができるデザインだといえます。

 

また一つの凝り固まったインテリアというわけではなく、

大人が楽しめるスタイルもあれば子供向けのスタイルなどと

様々アレンジが利くという側面もあるのですが、

自宅を北欧インテリアにするコツなどはあるのでしょうか。

 

まず初めにすべきは室内の片付けなのですが、

生活感をできるだけ無くすために小物類はまとめておきましょう。

 

すでにある家具は白色と木肌の物であれば

応用が利く場合もありますので必ずしもすべてを捨てる必要はありません。

 

壁もまた白色が基本となりますので、きれいに掃除をしておくか

壁紙を張り替えると良いのですが、そうしたことが難しい場合には

ファブリックパネルやラックを取り付けるなどして隠すというのもコツですし、

またはカーテンを柄が大きい色が明るめの物を選べばそちらの方に視線が集まりやすくなります。

 

続いて北欧インテリアで最も肝心になる家具についてですが、

すべてを北欧風にするとかえって違和感を感じる場合もありますので、

自宅にもとよりある家具を織り交ぜて室内のコーディネートを組み立てていきます。

 

またその際には他のテイストが強い家具は排除するようにし、

特にクラシカルな猫脚やアメリカのカントリーなど癖があるものは処分しておくということも

北欧インテリアを取り入れる際のコツとなります。

トラックバック

北欧風インテリアにするコツに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする