洗面所を北欧インテリアに

一般的に洗面所は浴室と併設されている場合が多く、

広さも一坪程度とかなり小さいのですが、

その中には洗面台や洗濯機から収納などと様々詰め込まれているのですが、

そうした狭い空間も北欧インテリアにまとめることはできるのでしょうか。

 

洗面所はやはり洗面台という存在が非常に大きく、

そのデザインにより北欧風へと印象を変えることができるのですが、

すでに自宅で備え付けの洗面台があるという方の場合はそれ自体を交換することができず、

周囲の小物などを用いて全体を北欧インテリア風にまとめることになります。

 

まず洗面台周辺には歯ブラシや整髪剤をはじめとして

生活観溢れるアイテムが多く置かれているのですが、

比較的小型の木製の棚を購入して目に留まるアイテムはすべて収納してしまいます。

 

その際にはただ棚の中にアイテムを並べるのではなく、

布製や藤などで編まれたバスケットに入れて収納すると見栄えがします。

 

続いて壁には板を直接貼り付けるタイプのラックを設置して、

その上に北欧を思わせる小物や小さめサイズの観葉植物を配置すると雰囲気が出てきます。

 

また洗面所はこれから作り上げていくという方の場合は、

何はともあれ洗面台のデザインが最重要となりますので、

施工業者に相談しながらカタログに目を通しましょう。

 

この洗面台を設置する一面の壁だけを挿し色で緑やイエローなどで塗っても見栄えがしますし、

またリビング同様にやや小型のファブリックパネルを設置すると北欧インテリアらしさがでてきます。

 

またハンドソープ入れやコップなどは白色で揃えておくと統一感がでてきて、生活感がないホテルのような印象にもなります。

トラックバック

洗面所を北欧インテリアにに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする