部屋を広く見せる北欧インテリアの設置

男性・女性問わず、幅広い方々から人気のある

インテリアモチーフが北欧インテリアです。

 

暖かみがある北欧家具は部屋全体を統一させるために様々なコツがあり、

例えば、狭い部屋を広く見せるためには、

照明・ファブリック・雑貨などの飾り方が重要になります。

 

北欧インテリアの多くがシンプルなデザインで、

家具はウッド調のナチュラルなインテリアが多く、

使いやすいのも魅力に繋がっています。

 

部屋を広く見せるためには、小物が乱雑に見え隠れすることがなく、

整理整頓されていることも重要で、北欧家具の代表格のファブリックを取り入れ、

小物類を1ヶ所にまとめて飾ることにより、部屋を広く見せることができます。

 

さらに、限られた部屋のスペースを広く見せるためには、配色もポイントで、

寒色系・淡い色・白っぽい色で統一すると開放的な雰囲気が生まれ、

サイドに広く見えます。

 

いわゆるアースカラーとよばれる緑・茶色・ベージュ系で

北欧インテリアをまとめるのがオススメですし、奥行きもポイントで、

部屋のドアを開けた瞬間、目の前に背の高い家具が設置してあると、

部屋全体が狭く感じやすいので、洋服や帽子などを掛ける

背の高いウッドポールなどは部屋の奥に配置するのが望ましく、

部屋中央のテーブル・TVボードなどの家具類は

ロータイプの脚で統一させると全体がスッキリとした空間に仕上げることができます。

 

さらに北欧インテリアで照明器具も人気があり、丸みのあるタイプは部屋中央に、

スレンダー照明はカーテンサイドに設置すると空間をより広く見せることができます。

トラックバック

部屋を広く見せる北欧インテリアの設置に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする